管理職向けワークショップ・セミナー 東京

1/100人のマネージングリーダーになる The Excellent Managerコラム

2020.3.24

マネジメントがうまくいかない!ときは、

ひと口にマネジメントと言っても一体何があってどんなことをしたら良いのか?と素朴に考えることがあるのではないでしょうか?マネージャーは常に忙しく苦労は絶えないポジションなので中々落ち着いて考えるのも大変だと思います。
ということで、今回は「マネジメントがうまくいかない時に」どう考えたらいいのだろう?について少し整理してみます。

一番の苦労
マネージャーの苦労といっても多岐にわたり挙げればキリがないほど沢山あると思いますが、中でも一番の苦労は、チームのやる気と一体感(組織エンゲージメント)ではないでしょうか?
(そうでは無いという方には「ごめなさい」と先に言っておきます、今回はエンゲージメント関係の話になります。)

チームの前に個人
チームとは「目的を一にする個人の集まり」とするならば、まずは個人(メンバー)を良い状態にしておく必要があります。良い状態とは、エンゲージメントが高い状態、つまり自らの意思で考え動いており、そのことが本人にとって心地よい状態のことです。
そのためには先ず、「その気」になってもらう必要があるのですが、セルフでその状態を作り出せるメンバーばかりだと良いのですが、現実はそうもいかなく、多くのメンバーはなんらかの「きっかけ作り」のためのサポートが必要となります。

マネージャーがすべきこと
良い状態(エンゲージメントが高い)になってもらう、そのためには、大きく2つ、信頼関係と動機付けが必要になります。

信頼関係
なぜ信頼関係が大事かといいますと、「メンバーが聴く」状態にするためです。「聞く」ではなく「聴く」です。相手にわだかまりがあったり信頼感が薄い場合、中々受け入れてもらうことは難しいです。エンゲージメントの動機付けは「長期的な視点」の話であり、「人生」の話でなければなりません。皆さんもそうでしょうが、そういった話を「その辺の他人」とたいして変わらない関係の上司にされても「勘弁して欲しい。。。」となるだけす。

動機付けの方向性
前段で書きました通り、エンゲージメントに向けての動機付けの方向性は「長期的な視点」であり「人生」の話でなければなりません。短期的なモチベーションを目的にするなら「お金」や「待遇」でも大丈夫ですが、「お金」や「待遇」は、即効性もありますが冷めるスピードは光より早いですから注意が必要です。

身につけるべきは「コミュニケーションスキル」
長期的な視点の話、人生の話といっても唐突に「君の人生について語ろう!」とやっても「えーーー!なになにどうした?」となるでしょう。話すシチュエーションも大事ですし、切り出すタイミングも大事です。自身の経験を織り交ぜたストーリーも大事になりますし、年上のメンバーであれば違った切り口が必要でしょう。そういったことを含めて「コミュニケーションスキル」を上げる必要があるということです。

最も大事なこと
コミュニケーションスキルは勉強で知ることができます。それこそ本であったりセミナーも山のようにありますからその気になればいつでも理論武装は可能です。一方で、難しいのは、「知る」と「できる」は違うということです。多くのマネージャーがこの問題にぶち当たり結果として挫折してしまうのです。
コミュニケーションを効果的に行うには「それを支えるだけの」基本的な能力を上げる必要があります。例えば「聴く」という能力、これを鍛えるのは実はそう簡単ではありません。ダイエットのように「サプリメント」もなければ「ライザップ」もありません。ではどうやって?ということですが「日々ひたすら習慣化するまで練習をやり続ける」しかありません。そんな「練習なんて忙しくてやってられない!」と思われるかも知れませんが、何も「腕立て100回」「腹筋100回」「スクワット100回」を3セットやろう!といった話ではありません。要は「生活の流れの中で」「気楽に」「楽しみながら」できればいいのです。ゴルフが好きな方もいらっしゃると思いますが、「今日は仕事終わったら練習に行くぞ!」という感じと同じにすればいいのです。

まとめ
メンバーのエンゲージメントを高めるためには、「信頼関係」と「動機付け」が必要で、コミュニケーションスキルを知ることが大事ですが、最も大事なのはそれを効果的に実行するには基本的な能力を上げることです。
長くなってしまったので、組織エンゲージメントについてはまた今度触れたいと思います。

エクセレントマネージャーワークショップやビジネスメンターでは、基本的なマネジメントスキルを体系的且つシンプルに押さえつつ、それを効果的に実行するための基本的な能力を高める(それぞれの方の生活習慣に合った)練習方法を一緒に開発することに重きをおいています。
ご興味ございましたら是非お気軽にご相談頂けたらと思います。

エクセレントマネジメントワークス 原田 貴之